人気観光スポット・報国寺(竹寺)の魅力とは?

2022.08.22

「竹寺」として親しまれる、鎌倉を代表する人気観光スポット「報国寺」。誰もが「竹林」と言えば思い起こすお寺です。
約2000本の孟宗竹が織りなす美しい緑の竹林は、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」でも三つ星を獲得し、外国人のツーリストでも賑わっています。
魅力たっぷりの報国寺についてお伝えしていきます。

報国寺とは?

画像提供:PIXTA

清々しく凛として天に伸びる竹に囲まれた竹林で、過ごす時間。その幻想的な美しさに目を奪われます。
よく晴れた日の木漏れ日にも、霧雨の日の色濃い緑にも、心奪われる風景です。
報国寺の歴史から、報国寺の魅力について見ていきましょう。

報国寺の歴史

報国寺は1334年に、天岸慧広(仏乗禅師)の開山されたと言われています。
室町時代には足利、上杉両氏の菩提寺として栄えました。
仏乗禅師が休耕庵を建て、修行した御堂跡が今の竹林と言われています。

報国寺の竹林

報国寺の山門をくぐり境内へ入ると、まず目の前に広がるのは美しく整えられた庭園です。そのまままっすぐに進み本堂へ。
まずはお参りをすませて、脇の竹林への入り口にて拝観料を払って進んで行きます。

竹林の中には、「休耕庵」というお茶席があるので、そちらでお抹茶をいただきたい場合は、入り口で、拝観料(200円)と抹茶券(500円)を購入します。

入り口を抜けるとそこは一面の美しい竹林。
約2000本の孟宗竹が天空にまっすぐに伸びて静寂が広がります。季節や天候によって、表情を変えながらその美しさを楽しむことができます。

休耕庵

竹林の奥に見えてくるのは、休耕庵。報国寺のお茶席です。
水の落ちる天岸の岩を眺められる見晴らしのいい席で、鳥のさえずりを聴きながら、お抹茶をいただくことができます。
お昼にはすっかり混雑してくるので、できれば午前中に訪れるのが良いでしょう。

毎週日曜日は座禅会

報国寺では毎週日曜午前7時半より、迦葉堂(かしょうどう)にて一般の方も参加できる「日曜坐禅会」が行われています。

「厳しい座禅会なので、ある程度覚悟を持ってきてください」と、ホームページにも書いてあるように、体験気分ではなく、しっかりと座禅に取り組みたい方にオススメです。英語での座禅通訳はないので、ご注意ください。

報国寺DATE

住所鎌倉市浄明寺2丁目7-4
アクセス・電車の場合
鎌倉駅より
○ タクシー 約7分
○ 京浜急行バス
 鎌倉霊園正面前太刀洗・金沢八景行き/ハイランド行き 約12分
 (浄明寺バス下車・徒歩3分)
・車の場合
○横浜・横須賀道路 朝比奈インターより 約10分
TEL/FAXTEL:0467-22-0762
参拝時間9~16時(定休日12月29日~1月3日)
URL http://www.houkokuji.or.jp/

新緑もあじさいも紅葉も楽しめる竹寺

鎌倉でも人気の観光スポットである報国寺。
美しい竹林で有名ですが、他にも魅力満載のお寺です。
心奪われる竹林と共に、座禅会やお茶なども楽しみながら、ゆったりとした鎌倉時間を堪能してみてください。

記事を書いた人
『Buzz Trip Kamakura』は「鎌倉の楽しさや美しさを、日本はもちろん、世界の人々に広めたい」をコンセプトとした鎌倉の情報サイトです。鎌倉のWebコンサルティング会社 株式会社BEEPが運営しています。 国内外からの観光客の方々はもちろんのこと、鎌倉を訪れる全ての人たちに、鎌倉で過ごす時間や体験をより一層素晴らしいものにしていただくお手伝いを目的とし、鎌倉のファンになっていただければと考えています。 株式会社BEEPについては、こちら