エリアガイド

鎌倉観光 気候と服装

2020.06.25

鎌倉市の気候は、三方を山に囲まれ、南側が海に面しているという地形の影響を強く受けています。
冬の冷たい北東風は丘陵にさえぎられ、夏の涼しい南西風は海から吹いてくるため、冬は暖かく、夏は涼しくすごしやすいです。
海水の温度も年較差およそ11℃(8月の海水温25℃、2月の海水温14℃)とかなり小さいため、県内の内陸地方と比べても、年間の気温較差が小さく、温暖な気候に恵まれた地域といえます。

年間を通じての気温と雨量

1月

1月の鎌倉は、お正月3が日を中心に大混雑に見舞われます。鎌倉中の境内では、新年らしい神事が多く行われて、3が日以降は少しずつ人通りがいつもの形にもどりつつあるので、1月後半が狙い目です。もっとも冷え込みが強いこの時期は、平均気温は5度前後。冬のコートや防寒着、マフラーと手袋で鎌倉観光をしましょう。

2月

2月の鎌倉は、春の花がちらほらと咲き始める頃。海も空気が澄んでいて、富士山や江ノ島などがくっきりと見える絶景シーズンです。変わらず冷え込みが強いので、コートやマフラーでしっかり防寒して回るのがおすすめです。

3月

3月の鎌倉は、前半は梅が見頃。後半は、次々に春の花が咲き乱れ、花散策のシーズンが訪れます。気温はまだまだ寒く冬の装いも手放せませんが、下旬ともなると薄手のコートでも過ごせる日もあります。

4月

4月の鎌倉は、春爛漫。桜やカイドウが花盛りを迎え、鶴岡八幡宮では、鎌倉祭りが行われます。3月中旬から解禁されるシラス漁で、街中の飲食店には生シラスのメニューが並び始めます。4月は春の陽気を感じる日が増えますが、薄手のアウターやニットを忘れずに。

5月

5月の鎌倉は、新緑が美しく、フジやツツジが咲き乱れるシーズン。平均気温は20度を超え、小汗をかく陽気の日も多くあります。また、後半は梅雨に向けて雨が振り始める時期でもあるので、薄手のはおりものや傘を用意しておくと安心です。

6月

1年で最も鎌倉に人がおとづれる紫陽花の時期。中でも長谷寺や明月院は混雑で数時間待ちということも珍しくないので、早朝や夕方などがオススメです。梅雨のこの時期は、雨が降ると少し肌寒く、はおりものや傘は必ず持参しましょう。

7月

7月の鎌倉は、海水浴にたくさんの人が訪れ、海や電車は大混雑。逆に神社やお寺の境内は空いているので、オススメのシーズンです。お寺に咲くハスやキキョウ、ノウゼンカズラなどを楽しんでみるのもおすすめ。気候は、太平洋から湿った空気が入るため、湿度が高く蒸し暑さを感じるこの時期。風通しの良い涼しい服装で熱中症にも気をつけて観光しましょう。

8月

8月の鎌倉といえば、夕涼み時に行われる、鶴岡八幡宮のぼんぼり祭りがオススメ。鎌倉にゆかりある人たちの描いたぼんぼりを見ながら、夏の夕方の鎌倉の雰囲気を楽しむことができます。気候は、太平洋から湿った空気が入るため、湿度が高く蒸し暑さを感じ残暑も厳しいこの時期。風通しの良い涼しい服装で対策を。

9月

晴れた日の陽射しはまだまだ夏のようですが、季節は確実に秋に近づいてくるこの季節。気温も落ち着いてきますので、歩きやすい9月の鎌倉は、鶴岡八幡宮での例大祭や御霊神社の面掛行列など、お祭りごとが多い時期。お寺では、ハギの花が咲き乱れ、幻想的です。後半ともなると朝晩は肌寒くなりますので、羽織ものを忘れずに。

10月

気候の良い10月は鎌倉でも様々なイベントが実施される時期。鎌倉宮で行われる鎌倉薪能は、鎌倉の秋の風物詩。暗闇の中、篝火(かがりび)のほのかな明かりの中で行われる能舞台は、幻想的な世界へと誘われます。平均気温は20度を下回り、歩きやすい観光のベストシーズン。日中と夜で寒暖の差が激しい時期でもありますので、脱ぎ着がしやすい服装が良いでしょう。

11月

境内の紅葉が美しく色づき始めるこの時期は鎌倉観光が最も盛んな時期の一つ。下旬には、長谷寺の夜間特別拝観が行われ、美しくライトアップされた紅葉で溢れる境内が神秘的です。平均気温は15度を下回り、肌寒く感じる日がほとんど。ジャケットやアウターを完備して、観光をしましょう。

12月

12月に入っても楽しめるのが、鎌倉の紅葉。美しく色づいた境内も11月ほどは混雑しておらず、ゆっくりと紅葉狩りを楽しむことができます。寒さが本格化するこの時期は、冬コートとマフラーなどで暖かくして回るのがオススメです。

季節折々の風景が見られる鎌倉、シーズンごとの表情をぜひ楽しんで下さい。

記事を書いた人
『Buzz Trip Kamakura』は「鎌倉の楽しさや美しさを、日本はもちろん、世界の人々に広めたい」をコンセプトとした鎌倉の情報サイトです。鎌倉のWebコンサルティング会社 株式会社BEEPが運営しています。 国内外からの観光客の方々はもちろんのこと、鎌倉を訪れる全ての人たちに、鎌倉で過ごす時間や体験をより一層素晴らしいものにしていただくお手伝いを目的とし、鎌倉のファンになっていただければと考えています。 株式会社BEEPについては、こちら